{希哲13年9月19日の開発}{希哲社のウェブ戦略}{希哲13年9月19日}{ウェブ戦略}{消極的}{デルン}=}(6)

{ジパング計画 K#F85E/A-4686-1438}

Project Zipangu

希哲11年10月18日ザナドゥ計画に対し,デルンを中核にした体系的技術開発により「現代の壁」を突破する計画を「ジパング計画」と呼ぶことにした。これ以前から「ジパング」という語は使い始めていたが,より明確な定義と目標を与えた。仮にこの時点でジパング計画発足としておく。

考案当初,σ計画に対する位置付けは明確ではなかったが,希哲11年10月24日σ計画を世界的観点に普遍化し,日本の特性を活かしたジパング計画をその副計画として位置付けることにした。

希哲13年5月12日希哲日本における政策体系を兼ねることにした。

マルコ・ポーロが『東方見聞録』を著したのは奇しくも鎌倉時代である。

{ジパング計画}{日本の弁証法}{知恵の国}{日本の逆襲}{希哲13年5月12日}{政策体系}{希哲日本}{三度目の正直}{希哲館}{σ計画}...=}(22)
{}