{勉強期 K#F85E/A-5B28-D4A4}

デルンの実用化後,宇田川にしばしば訪れる勉強欲が高まる時期。希哲13年4月16日用語化。ほぼ独学で得た知識の「答え合わせ」という側面がある。そもそも効率的な勉強のためにデルンを開発したこともあり,デルン実用化前はあえて勉強に時間を使うことを避けていた。

デルン実用化後,時間が出来た希哲7年後半から希哲8年前半頃にかけて,設計手法やプロジェクト管理など,想品開発に焦点をあてて勉強した時期がある。

希哲8年後半頃から希哲9年にかけて,希哲館事業を位置付けるための歴史研究,マーケティングや経営などの研究に時間を割いた。

希哲11年後半から第一次総括までは,黒字化に向けて事業の類例研究などに時間を使った。ザナドゥ計画WinFS を「二大夢想品」として意識し始めたのも頃。

デライト開発が一旦落ち着いた希哲13年4月前半,少し気持ちと時間に余裕が出来,勘報史についての描出に時間を費やすことが自然と多くなった。これは特に計画したわけではないが,4月16日,一区切りを付けるためと,このような時期をまとめて指すために「勉強期」という用語を造った。

{希哲13年4月16日}{デルン以後}{答え合わせ}{〜期}{勉強}{デルン}{宇田川の用語}=}(7)

{希哲13年4月18日 K#F85E/A-5B28-EEE8}

モラー報告書が公開された日。今後の展開を注視する。

何を勘違いしたのか一昨日「中旬も残すところ3日」と書いたが,今日も含めて3日だった。

座椅子

昨年買った座椅子,座っている時間が長くなってから腰に違和感を覚えるようになった。外していた低反発クッションを一枚,腰周りにあて始めた。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{希哲13年4月中旬}{4月18日}{仏滅}{木曜日}=}(6)
{}