{勉強期 K#F85E/A-5B28-D4A4}

デルンの実用化後,宇田川にしばしば訪れる勉強欲が高まる時期。希哲13年4月16日用語化。ほぼ独学で得た知識の「答え合わせ」という側面がある。そもそも効率的な勉強のためにデルンを開発したこともあり,デルン実用化前はあえて勉強に時間を使うことを避けていた。

デルン実用化後,時間が出来た希哲7年後半から希哲8年前半頃にかけて,設計手法やプロジェクト管理など,想品開発に焦点をあてて勉強した時期がある。

希哲8年後半頃から希哲9年にかけて,希哲館事業を位置付けるための歴史研究,マーケティングや経営などの研究に時間を割いた。

希哲11年後半から第一次総括までは,黒字化に向けて事業の類例研究などに時間を使った。ザナドゥ計画WinFS を「二大夢想品」として意識し始めたのも頃。

デライト開発が一旦落ち着いた希哲13年4月前半,少し気持ちと時間に余裕が出来,勘報史についての描出に時間を費やすことが自然と多くなった。これは特に計画したわけではないが,4月16日,一区切りを付けるためと,このような時期をまとめて指すために「勉強期」という用語を造った。

{希哲13年4月16日}{デルン以後}{答え合わせ}{〜期}{勉強}{デルン}{宇田川の用語}=}(7)

{希哲13年4月19日 K#F85E/A-5B28-83E9}

今日も昔のことを思い出していた。特に10代の生活を思い出し,いかに自分が特異かつ恵まれた環境にあったか痛感した。親孝行しなければという気持ちにもなった。

翻訳

クロック周波数等のクロックを「」と訳せることに気付いた。収穫。

{『希哲日記』}{希哲13年4月}{希哲13年4月中旬}{10代}{大安}{4月19日}{金曜日}=}(7)

{ツイスト K#F85E/A-4686-FAAB}

希哲12年1月17日デルンにおける分散型マイクロブログ互換の描出として定義。Twitter におけるツイートMastodon におけるツートに相当する。

将来的に変更の可能性があるが,現時点では Mastodon 互換で,文字数制限等もこれに準じる(500文字)。編集は可能とするが,性質上,マイクロブログに投稿されるのは最初のみ。

ツイストには「より合わせる」といった意味があるが,ストリング(ひも,文字列)にもかかっていて面白い。単に異なるサービスをより合わせるだけでなく,描出をより密接に結びつける効果もある。

{希哲15年3月17日の日記}{@Hiro_twst}{希哲13年10月1日の日記}{希哲13年8月7日2歩}{twst}{希哲13年6月4日の開発}{あれ}{頭脳配信}{KNS}{あれ}...=}(25)
{}