{希哲13年1月11日の開発 K#F85E/A-4686-7BE9}

ほとんど知機駒手関連の実装と仕様の整理に時間を費した。

内容の複雑化に伴い,函数を有効利用することを考える。

_kn をスクリプトから source で読み込み,函数などを共有する手法を考案。無引数での _kn は知機模動に利用することを想定していたが,調整することはさほど難しくないと判断した。長らく,簡潔に函数定義などを共有する手法を考えていたため,一つ課題が解決した。

また,スクリプトがある台録を取得する here() を考案。

また,「Synx シェル函数」という概念を考案。here() のように標準的に利用出来るシェル函数をまとめることにした。

{希哲13年1月11日}{開発}{開発記録}=}(3)

{Synx K#F85E/A-23BE}

Synx(シンクス,SYNic Computing Service=SYNCS から)は,Unix 流 OS の基本構成・運用に関する希哲館標準である。

虎哲(#F85E/A-5B78)の初期段階で Unix 流 OS を基礎にするために整備しているもの。

次世代ハードウェア構想である Uniz(#F85E/A-3585) とともに「Synx/Uniz」(シンクス・ユニッツ)と呼ぶ。

名称

当初,Unix の語源である「UNiplexed Information and Computing Service」をもじって「SYNthetic Information and Computing Service」,略して「Synix」(シニックス)としていた。

2012年12月1日より,関連概念の整理とともに「Synx」(シンクス)とした。

{希哲館 Unix 拡張標準}{知機 Unix 相互運用標準}{Unix 累新}{σ計画}{Dialektix}{シンクス}{相互運用性}{μ過程}{希哲館標準}{希哲社の技術}...=}(12)
{}