{_kn}{希哲13年1月11日}{希哲13年1月11日の開発}{Synx シェル函数}{dir_run}{〈here〉}=}(6)

{ツイスト K#F85E/A-4686-FAAB}

希哲12年1月17日デルンにおける分散型マイクロブログ互換の描出として定義。Twitter におけるツイートMastodon におけるツートに相当する。

将来的に変更の可能性があるが,現時点では Mastodon 互換で,文字数制限等もこれに準じる(500文字)。編集は可能とするが,性質上,マイクロブログに投稿されるのは最初のみ。

ツイストには「より合わせる」といった意味があるが,ストリング(ひも,文字列)にもかかっていて面白い。単に異なるサービスをより合わせるだけでなく,描出をより密接に結びつける効果もある。

{希哲15年3月17日の日記}{@Hiro_twst}{希哲13年10月1日の日記}{希哲13年8月7日2歩}{twst}{希哲13年6月4日の開発}{あれ}{頭脳配信}{KNS}{あれ}...=}(25)

{source K#F85E/A-D407}

source [ファイル]

ファイルの記述内容を(そのまま)シェル上で実行する。

対象ファイルには,シェル スクリプト宣言や実行権限は必要ない(直接実行するファイルには必要)。

{.}{〈source〉}{シェル スクリプト向けコマンド}{素描}=}(4)

{Synx K#F85E/A-23BE}

Synx(シンクス,SYNic Computing Service=SYNCS から)は,Unix 流 OS の基本構成・運用に関する希哲館標準である。

虎哲(#F85E/A-5B78)の初期段階で Unix 流 OS を基礎にするために整備しているもの。

次世代ハードウェア構想である Uniz(#F85E/A-3585) とともに「Synx/Uniz」(シンクス・ユニッツ)と呼ぶ。

名称

当初,Unix の語源である「UNiplexed Information and Computing Service」をもじって「SYNthetic Information and Computing Service」,略して「Synix」(シニックス)としていた。

2012年12月1日より,関連概念の整理とともに「Synx」(シンクス)とした。

{希哲館 Unix 拡張標準}{知機 Unix 相互運用標準}{Unix 累新}{σ計画}{Dialektix}{シンクス}{相互運用性}{μ過程}{希哲館標準}{希哲社の技術}...=}(12)
{}