{概念地図法 K#F85E/A-609B}

概念地図法(がいねんちずほう,英語:concept map)は,概念同士の関係を視覚的に表現した図である。習得した知識の表現や整理に使われる。

1970年代にジョセフ・D・ノヴァクコーネル大学の研究チームが開発した。

フロリダ大学 IHMC(Institute For Human and Machine Cognition)のアルベルト・カナスは,概念地図法を応用したウェブサイトのブラウジング手法を研究している。

{デライト周辺技術}{概念地図}{概念}{ジョセフ・D・ノヴァク}{コーネル大学}{学問}{公開}{広告付き}{輪郭法}{地図}=}(10)

{}