{ある読書会VC}{II}(3)

{ある準備作業 K#3FD3/2169}

範囲
『モーセと一神教』II
やること
節ごとの段落別要約の前のざっくりした下読み
目的
IIの全体のざっくりした流れ、問い・結論の確認
作業開始
2024/6/15

IIの末尾の抜書

実際のところ私の研究は、エジプトのモーセの姿をユダヤの歴史の流れのなかに組み入れるという唯一の意図にのみ則したものだったのだから。われわれが得た成果をごく手短に公式的にまとめておく。ユダヤの歴史を貫く周知の二重性――二つの民族集団、これらは国家の形成のために合体した。二つの王国、この状況のなかでこの国家は崩壊した。聖書原典に見られる二つの神の名前。――以上のような二重性にわれわれは新たに二つの二重性を加えておく。二つの宗教創設、最初の宗教は別の宗教によって抑圧されながらも、のちになって別の宗教の背後に立ち現れ勝利をおさめるに至った。二人の宗教創始者、両者ともにモーセという同じ名前で呼ばれているが、われわれは二人の人物を互いに区別すべきである。そしてこれらの二重性のすべては、第一に挙げた二つの民族集団という二重性に淵源するのであり、民族内の一群の人びとが心的外傷と言ってもよい体験を得てしまい、残りの人びとはこれと縁がなかったという事実からの必然的な帰結なのである。

(1)

いくつかの問いが示される。

  1. エジプト人がユダヤ人とともに出エジプトする動機が不明
  2. モーセはモーセ教をユダヤ人に強いたが、個人が宗教を作り出せるものだろうか?

ユダヤ教とエジプトの宗教の対立が記述され、モーセがエジプトの宗教を導入したと考えると論が破綻すると述べる。

(2)

(1)の末尾で出された問題に対して答えを与えるための準備作業。
エジプトのアートン教についての来歴が記述される。

読み込み中...
{筆記柔品}{Scrapbox}(2)
{輪括}{;待追記}(2)

{輪括様式 K#7779/4091}

発散
引入言及和広汎関連的輪郭
収束
整理構成,在後景中輪郭之間均粒度,整齐作成目次
{結合分解}(1)

{従属性保存分解 K#7779/DAFC}

给定函数従属性集合\(F\), \(RS\)的分解\(\{RS_1,...,RS_m\}\)
对于任意的函数従属性\(X\rarr Y\in F\)\(\pi_{RS_1}(F)\cup\cdots\cup\pi_{RS_m}(F)\vDash X\rarr Y\)

{}